ファッション感覚で英会話

ファッション感覚で英会話

英会話の勉強

英語の勉強において、日本人が一番苦手で取り組みづらいことといったら、どう考えてもやはり「会話・スピーキング」の部分だと思います。リーディングやライティングというのは、学校でも勉強してきましたから取り組みとしてはやりやすいでしょうし、慣れている分野になるでしょう。

 

そもそも


会話・スピーキングの分野の勉強をしていない

といったほうが正しいかもしれませんが、このスピーキングの部分は、試験で高得点を取れたとしても取り組みが不十分という点で「会話」は苦手意識を持つひとも少なくないはずです。

 

日本の学校教育の現状

日本の教育では、先ほどにもありますが主に読み書きが重視されています。

 

読み書きといっても実用的ではなく、試験に合格するためのクイズの必勝法とでも言ったほうが分かり易いくらいですが、学校ではテストを前提としたカリキュラムで英語の勉強が進められています。そして、それが大学受験まで続くため、英会話の勉強ではなく、学問やテストを軸にした英語学習になっています。

 

もちろん、こういったリーディングやライティングも大切な分野ではありますが、英会話したいと思った場合は、こういった学習方法よりもカジュアルに英会話を実践していったほうがいいでしょう。

 

ファッション感覚で英会話を

・学校教育の勉強はいったん忘れる
・英会話は○×では測れないので間違いを恐れない
・英会話の勉強はカジュアルに実践で

 

 

 

私の英語学習

私が中学高校大学と受けてきた英語の授業では発音や会話などはほとんどと言ってよいくらい触れていなく、試験で高得点を取る方法ばかり教えられてきました。簡単な英文を読んだり書いたり聞き取ったりすることが一応できるので英語教育を全て否定するわけではありませんが、これでは英語習得は難しいと思います。

 

私の感じた英語教育
・英語をカジュアルに話す機会がない
・テストを前提とした学習は方法論でしかない

 

 

さらに、私が初めて英語の先生以外の海外の人と話した時、相手の言っていることが即座に理解できず全く会話が成り立たなかったのです。ショックでした。今まで何を勉強していたのかと。自分には英会話は無理なんじゃないかと思っていたところ、日本語を交えながらもコミュニケーションを取れている人に出会いました。その人の英語はとぎれとぎれなのですが相手にちゃんと伝わっているのです。

 

私はこの時あることに気がつきました。それは英語を話す人も同じ人間であり、伝えたいわかってほしいという気持ちがあれば多少英語が間違っていても通じるのだということに。それから完璧主義でなくていいということもわかりました。それからというもの、簡単な挨拶からはじめて片言でよいからとりあえず英語で何か言ってみることにしました。すると英語を使うことに対しての苦手意識が徐々に薄くなっていき、今では簡単な会話くらいならできるようになりました。

 

気づき
英語はツール。コミュニケーションがゴール

 

英語を実用的に使えるようになりたいのなら、完璧主義を捨てて英語で何か言ってみることが大事だと思います。もし相手の言っていることがわからなければ正直にわからないからもう一度言ってほしいと言えばいいのです。言わないと相手はこっちが理解できていないことがわかりません。試験ではないのですから何度も聞いて大丈夫です。

更新履歴